空港のある街で暮らそう!

旅客数が多いのには理由がある?人気のある空港ランキング

出張が多い人におすすめ!空港周辺の不動産情報

利用者数の多い空港ランキング

利用者数の多い空港ランキング日本には全部で101個の空港がありますが、どれも海外の空港に比べると面積が狭く、いわゆる中規模空港です。空港は拠点空港や地方管理空港など4種類に分けられており、それぞれ規制や特徴があります。

順位空港名国内線・国際線合計乗降客数
1羽田空港80,121,680
2成田国際空港36,578,845
3関西国際空港25,128,787
4福岡空港21,994,977
5新千歳空港21,311,918
6那覇空港19,671,846
7大阪国際空港(伊丹)14,923,678
8中部国際空港10,842,736

(平成28年統計)

日本の空港の特徴とは?

まずは旅客数8位の中部国際空港ですが、国内線と国際線どちらも同じ割合で運行しており、一番運行が多い路線は新千歳空港行きの国内線です。次に旅客数7位の大阪空港ですが、近隣に関西空港があることもあり国内線しか取り扱っていません。6位の那覇空港はターミナル3か所のうち、ひとつはLCC専用ターミナルとなっているため、格安旅行のシェアが拡がっていることが分かります。
5位の新千歳空港は日本で初めて24時間運用を実現した空港です。しかし、騒音の問題があり深夜便は限られていました。ですが、需要の高まりもあり、2015年にその枠は大きく拡大されました。4位の福岡空港は他の空港とは異なり、ターミナルが航空会社ごとではなく行き先ごとに分かれているのが大きな特徴です。
このように、空港ごとに特徴が異なっておりその特徴が旅客数にも影響を与えているのが良くわかります。上位3空港についてはさらに詳しく見ていきます。

国内最大の「羽田空港」

羽田空港は旅客数が1位の空港ですが、世界的に見ても旅客数は多く世界ランクでは4位に入っています。旅客数が多いだけあって着陸数や貨物取扱量も多く、まさに国内最大の空港です。
羽田空港は3つのターミナルに分かれており、第1ターミナルはJALが、第2ターミナルはANAがメインに使用し、第3ターミナルは国際線ターミナルとして使用しています。しかし何といっても羽田空港の最大の特徴は「ハブ空港」であることでしょう。元々羽田空港は国内線をメインとした空港でしたが、都心から成田空港までのアクセスの悪さや離着陸の時間制限、施設利用料の高さなどもあり国際線の発着枠が拡大されました。混雑する時間帯は発着枠が限定されているため使用に制限はありますが、早朝や深夜などは航空会社が希望すれば使用することができます。しかし、時間帯を考慮して飛行ルートを変更せねばならないため、枠が制限されているのが現状です。
このように羽田空港は国内線だけでなく、国際線の発着も増やすことによって国内最大の空港となりましたが、それに伴って騒音という大きな問題も抱えています。

国際線がメインの「成田空港」

成田空港には第1ターミナルから第3ターミナルまであり、それぞれ棟が異なっているのが特徴です。しかし、開港以来、これといって拡張工事も進まず、騒音問題対策として23時から6時の深夜から早朝にかけて離着陸を禁止しており、また都心からアクセスが悪いということもあり旅客数は羽田空港に次いで2位となっています。羽田空港に対抗する手立てとして、23時から24時の例外離着陸の容認や京成成田空港線の開業などを行っています。

日本初の24時間空港「関西空港」

関西空港は人工島に作られた、いわゆる海上空港で日本初となる24時間化を導入した空港です。海上に作られているため騒音の影響が少ないということで24時間化の運用を可能にしています。24時間利用できるのはターミナルだけではなく、空港内の一部店舗も利用できるため深夜や早朝に到着しても買い物に困ることはありません。