空港のある街で暮らそう!

出張が多い人におすすめの空港までのアクセスが良好な街とは?

出張が多い人におすすめ!空港周辺の不動産情報

空港近くの街に住むメリットとは

空港近くの街に住むメリットとは出張の多い人にとって空港までの交通アクセス方法は重要です。いくら交通アクセスが良くなってきているとはいえ、到着までにはそれなりの時間がかかってしまいます。特に早朝や深夜の便を利用したい人はその時間に間に合うかどうかが気になるところでしょう。今回は関東を例に挙げて、空港までのアクセス方法や到着までの時間、さらには都心のオフィス街へも行きやすい場所を紹介します。

交通の利便性で選ぶとどうなる?

出張が多い人におすすめなのが、複数路線を利用できるエリアです。複数路線と言っても、徒歩圏内に複数の駅がある場合とひとつの駅に複数の路線が乗り入れている場合があります。しかし、徒歩圏内に複数の駅があるエリアは限られており、都心であれば千代田区、港区、中央区がそのエリアです。それ以外のエリアは利用できるほどの駅がそれほど多くないため家賃や物価を考えると住みやすいとは言えないかもしれません。
一方、複数の路線が乗り入れる駅はJRだけでなく地下鉄や私鉄なども利用できるため大変便利です。
JR常盤線をはじめ、東京メトロ線やつくばエクスプレスなど6路線を利用することができる「北千住」駅を例にしてみると、北千住駅は永田町や上の、銀座など都心のオフィス街ならほぼ直通で行くことができます。しかも、北千住駅はロマンスカーが停車する駅でもあるため、箱根や鬼怒川温泉へも行きやすく週末のレジャーにも通いやすい場所です。ですが、残念なことに空港までのアクセスはそれほど良いとは言えないでしょう。羽田空港まではリムジンバスを利用すれば朝6時までには到着することができるので早朝の便には間に合いますが、成田空港へは電車でしか行くことができないため国際線を利用する人には使いにくいかもしれません。

住みやすさで選ぶとどうなる?

住みやすさ、という観点で考えるのなら最近人気があるのが「武蔵小杉」です。
武蔵小杉は渋谷と横浜の真ん中あたりに位置しているため、JRや私鉄が豊富に乗り入れておりアクセスしやすい場所です。そのため、タワーマンションや大型店が急増し、ファミリー層には人気の場所となっています。
交通アクセスの良さから武蔵小杉から都心へは通いやすい反面、空港へのアクセスは決して良いとは言えません。成田空港へは成田エクスプレスを、羽田空港はリムジンバスを利用することになりますが、一番早くとも朝7時は過ぎてしまうため、早朝の便を利用したい人にとってはかえって使いにくい場所かもしれません。